テンプレート変数で本文(content)と別に入力欄を追加

WordpressよりMODX Evolution CMSのほうが便利に感じる機能に「テンプレート変数」があります。テンプレート変数は、テンプレートごとに設定できる入力欄のことです。

代表的な使い方は「METAタグのキーワードの入力欄」ですが、このサイトでお薦めする使い方は「リソースの本文(content)とは別の入力欄を追加しておく」というものです。例えば、

という場合を想定して、本文(content)の下にエディタなしの入力欄をテンプレート変数で作る手順をまとめます。

管理画面の「エレメント」→「エレメント管理」→「テンプレート変数」で「テンプレート変数を作成」します。

テンプレート変数

変数名」「投稿画面内の見出し」を入力し、「入力フォーム」をTextareaにして、「テンプレートとの関連付け」を開きます。

テンプレート変数

テンプレート変数で作った入力欄を付けたいテンプレートを選んで「プロパティ」を開きます。

テンプレート変数

任意で「既存のカテゴリー」を選んで「説明」を入力して「更新」します。

テンプレート変数

テンプレートを開いて、入力欄を付けたい場所に[*変数名*]のように記述して「更新」します。

テンプレート変数

リソースを開いて、このテンプレート変数と関連付けされたテンプレートを選ぶと、カスタムフィールド(テンプレート変数)欄に新たな入力欄が表示されます。

テンプレート変数

このページの下側にある「関連記事」の表は、上記の入力欄にタグ打ちしたものが出力されています。

関連記事

MODXとは

新着情報

Published on
CORESERVER.JPCORESERVER.JP