MODXインストール直後のグローバル設定

MODX Evolutionのインストール後に管理画面にログインして、基本設定を済ませます。ウェブサイトのURLの末尾に/manager をつけたもの(例: http://###.#######.###/manager )が、管理画面のURLです。インストール後にMODX管理画面にログインし、「ツール」メニューの「グローバル設定」をクリックして、修正します。

サイト

項目設定説明
サイト名 サイトの名称に変更します。【必須】
言語 Japanese-utf8 【必須】
サイトスタート トップページにするリソースID。デフォルトは1。
エラーページ 404 not foundを表示するリソースID。デフォルトは1。
公開デフォルト はい 保存後すぐ公開する場合
デフォルトでキャッシュを有効 いいえ Mobile Template Switcherでスマホ(スマートフォン)対応にする場合

フレンドリーURL(検索エンジン対応)

サイトのURLを「####.html」で終わる形にカスタマイズするには、「ツール」メニューの「グローバル設定」の「フレンドリーURL」をクリックします。詳細は、フレンドリーURLの設定をご参照ください。

フレンドリーURLの設定

セキュリティ

項目設定説明
ログイン失敗を許容する回数 5~10 その回数分パスワードを間違えると、そのアカウントは60分ロックされ、ログインできなくなります。デフォルトは3回ですが、3回ぐらい間違えることはよくあるため、不便です。多少増やしておくことをお薦めします。
CAPTCHAコードを使用 はい 管理画面に画像認証がついて安心です。「ログイン失敗許容回数」を増やしてセキュリティが甘くなった分をCAPTCHAコードを使用してカバーしましょう。

インターフェースとその他の機能

リソース編集画面やQuickEditの設定を変更します。

項目設定備考
相対パスを渡す はい 将来的にURLまたはドメインの変更、サーバの引越しをする可能性が多少なりとも想定される場合
フロントエンドエディタの言語 Japanese_UTF8

ファイル管理の設定

項目設定備考
アップロードサイズの上限 10485760~ デフォルトでは、1048576 (1MB)しかありません。末尾に0を加えて10MBにするなど適度なサイズに。PHP4.2.3以降ではプログラム側でサーバ側のアップロード上限値を超える設定は無効になります。例えば、アップロード上限値が32MBに設定されているサーバでは、33554432 (32MB)を超える数値を設定しても無効になります。アップロード上限容量の変更には、.htaccessの設定が必要です。
新ディレクトリのアクセス許可 0707または0757 MODX上で画像をアップロードする際に、新しいディレクトリ(フォルダ)を作ることができます。このとき、デフォルトの755のままではディレクトリを作れても画像をアップロードすることができません。

必要な設定が終了したら、「保存」をクリックします。

パーミッションの設定

manager/includes/config.inc.php のパーミッションを404に変更します。

関連記事

MODXとは

新着情報

Published on
CORESERVER.JPCORESERVER.JP