MODX導入のための準備

HTMLホームページがMODxに適しているかどうかのチェック

HTMLサイトをMODxに移行するためには、元のHTMLサイトがHTML+CSSで書かれていること(フレーム不使用であること)が条件になります。

MODXの導入に必要な環境

  • PHP4.4.1以上、MySQL4.1以上がインストールされているサーバ(ともに5以上を推奨、.htaccessに関する制限がないか確認が必要)
  • ブロードバンドでインターネットに接続できる環境
  • FTPソフト
  • HTMLエディタまたはテキストエディタ
  • 画像加工ソフト
  • ウェブサイトのデータ一式(HTML、CSS、画像ファイル)
  • MODx Evolutionのプログラム

HTMLサイトのMODX化の流れ

1.MODX EvolutionのダウンロードとZIPアーカイブの展開

2.データベースの設定

3.HTMLサイトのデータ一式の移動

ローカル上のMODxのディレクトリのassets/templatesの下にディレクトリ(以下、assets/templates/###)を作り、HTMLサイトのデータ一式を移動します。

4.MODxのインストールとグローバル設定

3のデータを含むMODxデータ一式をサーバにアップロードし、インストールします。インストール後には、グローバル設定も済ませておきましょう。

5.トップページの仮テンプレートの作成

HTMLサイトをMODxに移植するときは、テンプレートとリソース(記事)の作成を同時進行します。HTMLサイトは、もともとテンプレートとリソースにわかれていません。このため、MODxに移植するときは、これらを切り分けながら作業し、都度、現サイトと同様に表示されるか確認していきます。

(ア) 画像とCSSのパスの修正

MODxではページからCSSへのパスが assets/templates/###/###.css に変わります。このため、テキストエディタの置換機能を使って、画像とCSSへのパスを一気に書き換えます。

(イ) テンプレートの仮組込

(ア)の状態のままテンプレートをMODxサイトに組み込みます。ただし、(ア)の状態では、テンプレートとリソース(記事)の切り分けができていないため、あくまでも仮の組み込みです。

6.テンプレートとリソース(記事)の切り分け

7.トップページ以外のテンプレートとリソース(記事)の作成

トップページが終わったら、上位階層のページから6と同様の作業をします。上位階層のページから順に着手するのは、下位階層のページでは上位階層のテンプレートが使えるケースが多いためです。

8.ナビゲーションメニュー等の内部リンクの修正

MODxでは内部リンクを「リソースID」で指定します。リソースIDで内部リンクを指定するとリンク先のURLが自動生成されます。これによりディレクトリを変えてもリンクが切れなくなります。そこで、ナビゲーションメニューの等の内部リンクはすべて修正します。

9.問い合わせフォームの移植

現サイトに問い合わせフォームがある場合は、MODxのeFormスニペット用にカスタマイズします。

10.便利機能の組み込み

MODXには、パンくずリストを自動生成するスニペット、検索エンジン対応のsitemap.xmlを自動生成するスニペット、著作権年次を自動更新するスニペットなどの便利機能があります。

関連記事

MODXとは

新着情報

Published on
CORESERVER.JPCORESERVER.JP