アナリティクスの(not set)(not provided)の違いと対策

Google Analyticsのキーワード解析に(not set)(not provided)が増えていて、訪問者の検索キーワードがわかりづらくなっています。

(not set)(not provided)

(not set)とは、検索キーワード情報が得られなかったことを意味します。Google以外の検索エンジンから来ている場合、Google検索でキーワード入力中のサジェスト(検索結果予測)によりキーワード入力完了前に目的のURLに辿り着いた場合などが想定されます。

(not provided)とは、SSL検索でキーワードが暗号化されてキーワードがGoogle Analyticsに引き渡されなかったことを意味します。

(not set)は、Google側に情報がないため、打ち手がありません。これに対して、(not provided)は、Google検索からGoogle Analyticsに情報が引き渡されていないだけなので、Google AnalyticsとSearch Consoleを連携させる手があります。

(not set)問題は根本的には克服できませんが、補完する手段として「ランディングページ解析」の設定をお薦めします。

Google Analyticsの「マイレポート一覧」→「非公開」→「マイレポート」のウィジェットをカスタマイズして、「標準:表形式」、「表示する列:ランディングページ」を選び、「指標」にはユーザー、セッション、ページビュー数などをお好みで選んで「保存」します。

ランディングページ解析

上記のランディングページ解析の結果とキーワード解析の結果を見比べてみましょう。キーワード解析でわずかしかないキーワードでも、それがライディングの多いページの内容に合っていれば、(not set)にもそのキーワードが含まれていると推定できます。

(not provided)対策は、「Google AnalyticsとSearch Consoleの連携」のページをご参照ください。

関連記事

MODXとは

新着情報