Joomla!サイトの引越し(移転)手順(1)

Joomla!サイトを別のサーバに移転する場合のデータベースのエクスポート設定と移転先サーバにおけるパーミッション設定についてまとめます。

1. ファイルのFTP転送

移転元サーバの全ファイルを移転先サーバにFTPで転送します。通常はいったんFTPソフトでローカルのPCにダウンロードしてから、移転先サーバにアップロードします。お使いのサーバにサーバ間コピー機能があれば、その機能を使うとローカルPCを経由せずに転送することができます。

例)Coreserverのサーバ間転送

  1. 管理画面から「サーバー間コピー
  2. 転送元のFTPユーザー名を入力
  3. 転送元のFTPパスワードを入力
  4. 転送元のFTPサーバー名を入力
  5. 転送元のディレクトリを入力
  6. 転送先のディレクトリを入力
  7. 選択
  8. 変更」して設定を確認(設定に誤りがあると既存のサイトを壊しかねないので厳重にご確認を)
  9. 実行

サーバ間コピー

2. 移転先のデータベースの作成・設定

移転先サーバでデータベースを作成します。テキストエンコーディングはUNICODEに。

FTPソフトで移転先サーバの「Joomla!サイトのディレクトリ」にアクセスして、configuration.phpを開き、データベースに関する4項目を編集、保存します。

  1. var $host = ' 移転先のデータベースのホスト '
  2. var $user = ' 移転先のデータベースのユーザー名 '
  3. var $db = ' 移転先のデータベース名 '
  4. var $password = ' 移転先のデータベースのパスワード '

configuration.php

【注意】データベースの設定を怠ると、移転先サイトも移転元のデータベースに接続します。

3. データベースの転送

移転元サーバのphpMyAdminからデータベースにアクセスします。

  1. データベースを選択
  2. エクスポート
  3. エクスポートするテーブルが全選択されていることを確認
  4. SQLが選択されていることを確認
  5. DROP TABLE / DROP VIEWを追加」、「IF NOT EXISTSを追加」にチェック
  6. ファイルを保存する」にチェック
  7. 実行する

phpMyAdmin

ここまでが移転元の設定です。次は、移転先サーバの設定へ。

関連記事

MODXとは

新着情報

Published on
CORESERVER.JPCORESERVER.JP