[REQ_ERR: OPERATION_TIMEDOUT] [KTrafficClient] Something is wrong. Enable debug mode to see the reason. 建設 副産物 適正 処理 マニュアル

建設 副産物 適正 処理 マニュアル

北海道地方建設汚泥利用マニュアル(平成19年3月) (pdf:1.82mb) 建設発生木材リサイクル推進マニュアル(北海道版)(平成20年4月) (pdf:2.61mb) 北海道地方における建設発生木材リサイクル促進行動計画(平成23年3月) (pdf:1.47mb) 建設副産物技術講習会

建設 副産物 適正 処理 マニュアル

建設副産物適正処理推進要綱 平成14年5月30日 改正 第1章 総則 第1 目的 この要綱は、建設工事の副産物である建設発生土と建設廃棄物の適正な処理等に係る総合 的な対策を発注者及び施工者が適切に実施するために必要な基準を示し、もって建設工事の 建設工事等から生ずる廃棄物の適正処理について(通知) 公布日:平成13年6月1日; 環廃産276号; 環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部産業廃棄物課長から各都道府県・各政令市産業廃棄物行政主管部(局)長あて 建設副産物情報交換システム . 操作マニュアル[簡易版] (排出事業者用) 平成24年4月 (一財)日本建設情報総合センター . ... 適正な処理を確保することを目的とした「建設工事に係る資材の再資源化に関する法律 ... 建設副産物適正処理推進要綱 平成 年 月 日 改正14530 第1章 総則 第1 目的 この要綱は、建設工事の副産物である建設発生土と建設廃棄物の適正な処理 等に係る総合的な対策を発注者及び施工者が適切に実施するために必要な基準 建設発生木材を指定副産物とし、再生資源として利用を促進することが特に必要なものとし ている。 廃棄物には、廃棄物処理法が適用され、適正な処理等が必要である。 ・ 建設副産物. とは、建設工事に伴い副次的に生ずる物品であり、再生資源及び廃棄 ... 建設発生土の官民有効利用マッチング運用マニュアル ... 建設副産物適正処理推進要綱. 建設リサイクル推進計画. 災害廃棄物等処理・活用事例集(h27.3)・建設工事における建設汚泥リサイクル事例集(h27.3 ... 建設工事から生ずる廃棄物の適正処理について(通知) 産業廃棄物行政については、かねてからご尽力いただいているところであるが、今般、 平成13年6月1日付け環廃産発第276号をもって通知した「建設廃棄物処理指針」に 建設工事等から生ずる廃棄物の適正処理について(通知) 環境省: h13.6: 多量排出事業者による産業廃棄物処理計画の策定マニュアル: 環境省: h13.6: 廃棄物焼却施設における飛灰処理薬剤による二硫化炭素の発生について: 環境省: h14.2 建設汚泥を再生利用するための方法、手続などをとりまとめたものです 建設汚泥の再生利用に関するガイドラインの策定について 建設工事の副産物である建設発生土と建設廃棄物の適正な処理等に係る総合的な対策を示したものです 栃木県建設リサイクル推進計画2012(pdf:692kb) 平成24年4月6日: 15: 栃木県における特定建設資材に係る分別解体等及び特定建設資材廃棄物の再資源化等の促進等の実施に関する指針( pdfファイル ,628kb) 平成14年3月18日: 16: 建設副産物適正処理推進要綱(pdf:65kb) 建設発生木材、建設汚泥、建設混合廃棄物などがあります。 参照⇒p.6~7 0 建設リサイクルについて 1 循環型社会の構築 2 建設廃棄物、建設副産物とは Q1.建設副産物にはどのようなものがあるのか? して適正処理に努めなければなりません。 建設六団体副産物対策協議会では、建設工事で排出される多種多様な廃棄物に対応するため、 建設工事の作業所で使い易い「建設系廃棄物マニフェスト」(紙マニフェスト)を発行、販売し ています。 建設副産物を受入可能な中間処理施設および、最終処 分場をインターネット上で登録・検索 建設リサイクル法の届出書、ラージリサイクル法の再生 資源利用[促進]計画書(実施書)等の書類作成 建設副産物実態調査(センサス)に対応した唯一の全 建設副産物実態調査では、建設工事に伴い副次的に得られた物品である建設副産物の具体的な対策立案に必要な、排出量や再資源化等の推移を把握するため、全国の建設工事(公共土木工事、民間土木工事、建築工事)を対象に、平成7年度以降、原則として5年毎に統計調査(本調査)を実施し ... 建設廃棄物処理マニュアル-建設廃棄物処理ガイドライン改訂版- (監修 産業廃棄物問題研究会 平成13年7月 発行 ぎょうせい) 新訂版 建設副産物適正処理推進要綱の解説 建設副産物適正処理推進要綱 平成14年5月30日 改正 第1章 総則 第1 目的 この要綱は、建設工事の副産物である建設発生土と建設廃棄物の適正な 処理等に係る総合的な対策を発注者及び施工者が適切に実施するために必 建設廃棄物の適正処理; 建設廃棄物とは? 解体工事を行う施主(発注者)の方へ; 解体工事業者の方へ; 建設廃棄物再資源化施設の検索方法; 建設廃棄物の不法投棄に対する未然防止の取組み 2岐阜県建設副産物有効利用及び適正処理実施要綱 この要綱は、建設工事の副産物である建設発生土と建設廃棄物に係る総合的な対策を発注者及び請負者が適切に実施するために必要な基準を示しており、建設工事の円滑な施工の確保及び生活環境の保全を図ることを目的としています。 建設工事から生じる廃棄物の取り扱いについて、環境省は県政令市宛てに「建設廃棄物処理指針(平成22 年度 版)」を通知しています。従って、建設業者は県政令市の指導に従って、適正に処理しなければなりません。 平成17年度から,再資源化等の施設の稼働状況等の情報をリアルタイムで収集できるシステムとして,建設副産物情報交換システムを導入し、建設副産物の適正処理及び再資源化を図ると伴に,システムの効率的な活用と普及促進を図ります。 建設副産物リサイクル広報推進会議 【内容】 建設廃棄物の適正処理について<実務者向けの基本的な内容> 第1部 環境関連法体系と建設廃棄物及び排出事業者責任について 第2部 建設リサイクル法について及び廃棄物の委託処理について 本マニュアルは、中国地方における公共工事に伴い副次的に発生する建設汚泥の処理にあたっての 基本方針、具体的実施手順等を示し、建設汚泥のさらなる再生利用の促進と、最終処分場への搬出量 の削減、不適正処理の防止を図ることを目的とする。 建設副産物(解体、掘削にともなう産業廃棄物等)の適正な処理、環境配慮製品の使用などの手続きを決めています。 建設副産物について 「建設工事に係る資源の再資源化等に関する法律」(建設リサイクル法 平成14年5月30日施行)に基づき、札幌市発注の解体をともなう工事では手続が必要と ... システム操作マニュアル(一般財団法人日本建設情報総合センター)を ... ⑲ 搬出先種類の欄 搬出先の施設等において建設副産物がどのように処理 ... の事業を行う者が適正な処理 ... )」及び「建設副産物適正処理推進要綱(平成14 年5月30日改定)」等の規定内容に従い、発注者及び請負者等が建設副産物管理を適切に 行い、生活環境の保全を図ることを目的とする。 1.2 適用 このマニュアルは、建設副産物を発生する次の建築工事に適用 ... ・建設副産物適正処理設計積算要領の当面の運用について(平成12年10月27日付 管第836号。営繕室制定の「建築物等解体工事設計積算事務取扱」は、これを基に して毎年度改訂している。 1-5(建築工事における建設副産物管理の基本) (1)建設廃棄物 建設副産物のうち、廃棄物処理法第2条1項に規定する廃棄物に該当するものをいい、一般廃棄物と産業廃棄物を含む概念です。 (2)建設副産物 建設副産物処理調書(様式ー2) 建設副産物の処理後、受注者に実際に要した処理費等を証明する資料とともに提出させ、実態を確認する. pdf(pdf:25kb) excel(エクセル:13kb) 建設廃棄物の最終処分の確認書 (様式-3) 発注者がe票の写し等を確認して同書 ... 建設副産物 現場分別マニュアル ... ・立地、受入品目・基準、処理単価等 ⇒建設副産物現場分別品目区分表(案)活用 <工事の内容> ⇒発生する廃棄物の種類・量 <決定事項> ・廃棄物回収容器 ・設置場所 「建設副産物対策」とは、建設副産物の発生の抑制並びに分別解体等、 再使用、再資源化等、適正な処理及び再資源化されたものの利用の推進を 総称していう。 (18) 建設副産物に関する要綱・要領等については、下記をご覧ください。 関連要綱・要領等; 仙台市発注工事における建設副産物適正処理推進要綱様式; 仙台市発注工事における建設副産物リサイクルガイドライン様式; 舗装切断作業時に発生する排水の処理に ... 1.1副産物情報システムのイメージ 処理業者 (処理施設) ~ 提出書類の省力化 ~ 建設リサイクル法届出・通知書【建リ法11条】 再生資源利用[促進]計画書(実施書)【建リ法11・18条】 工事発注者 cobris 調査価格情報の登録 作成 工事情報の登録 1.「九州地区建設副産物に関する留意事項」の目的. この「九州地区建設副産物に関する留意事項(案)」は、 建設リサイクルの一層の推進と、建 設廃棄物の適正処理の徹底を図るために各建設現場で留意すべき点について取りまとめたもので す。 第7章 建設副産物処理設計積算要領 (指定副産物の搬出) 第7条 工事執行者は,指定副産物を工事現場から搬出する場合において,その利用を進めるため,次の表の左欄に掲 げる区分に応じ,原則として,右欄に掲げる搬出先へ搬出する。 区 分 搬出先 参考:産業廃棄物排出・処理状況調査(環境省:平成24年度実績) 参考:建設副産物実態調査(国土交通省調査:平成24年度実績) 【現場分別の徹底による、建設混合廃棄物の最終処分量の削減が重要です】 三重県建設副産物処理基準 三重県では、三重県が発注する建設工事から発生する副産物である建設発生土と建設廃棄物の適正処理等に係る総合的な対策を発注者及び施工者が適切に実施するための基準として「三重県建設物処理基準」を定めております。 建設副産物の適正処理に関連する基準等 建設副産物の処理基準及び再生資材の利用基準について. 建設副産物の適正な処理及び再生資材の利用に係る総合的な対策を発注者及び施工者が実施するために必要な基準を示し、本市が行う建設工事の円滑な施工を確保し、資源の有効な利用の促進及び ... Ⅰ.建設副産物実施要領 Ⅱ.建設発生材の再生利用指針 Ⅲ.公共建設工事における再生資源 活用の当面の運用について Ⅳ.建設副産物適正処理推進要綱 Ⅴ.建設廃棄物処理指針 Ⅵ.関係法令等の概要 Ⅶ.建設工事公衆災害防止対策要綱 Ⅷ.参考(1) 適正処理が計画的かつ効率的に行われるよう適切な施工計画を作成すること。 二 契約金額100万円以上の工事については、「建設副産物情報交換システム(以下「cobris」という。