産婦 人 科 研修 の 必修 知識 pdf

信州大学産婦人科専門研修プログラムは、信州大学医学部附属病院産婦人科を基幹施設とし、県内の主だった病院の産婦 人科を連携施設として研修施設群を構成し、産婦人科専攻医の指導を行います。連携施設の殆どは総合もしくは地域周産期

産婦 人 科 研修 の 必修 知識 pdf

大橋・必修科目 産婦人科(3 ヶ月) 選択必修について 研修医は医師法16条の2第1項の規程に基づく臨床研修制度において、選択必修研修5科目(外科、 麻酔科、小児科、産婦人科、精神科)から必ず選択して研修しなければならない。産婦人科医師を希 望 ... の習得を質・量ともに充実させることができる。さらに専門の産婦 人科医として必要な基礎を十分学べる研修プログラムとしている。 3.臨床研修の目標の概要 本学の卒後臨床研修プログラムは2 年間の研修によって、研修医が 選択必修科目 産 婦 人 科 ... gio :妊娠・分娩・産褥医療に必要な基本知識を研修する。 sbos:1)正常妊娠、分娩、産褥の管理 2)異常妊娠、分娩、産褥の管理 3)妊婦、産婦、褥婦の薬物療法 4)産科検査法 2. 必修科目(内科、救急科、地域医療、外科、麻酔科、小児科、産 婦人科、整形外科、精神科)を中心に、臨床研修医個々の将来の 進路にあわせて幅広いローテート研修を行う。 3. 臨床研修医個々の多様性に対して、指導体制、研修環境、研修計 高度な知識・技能を持つことが可能となる。また、産婦人科専門医は必要に応じて産婦 人科領域以 外の専門医への紹介・転送の判断を適切に行い、産婦人科領域以外の医師 からの相談に的確に応えることのできる能力を備える。産婦人科専門医はメディ ... 知識・技術が身について jcho九州病院 福田 彩乃 jcho九州病院初期臨床研修医2年目の福田 彩乃と申します。東筑高校出身で、九州大学に進 学し、6年間福岡市で暮らしておりましたが、研 修を機に北九州へ帰って参りました。 小児・産婦・精神 各4 週 2 年次 外科・小 児・産婦・ 精神:1 年 次に研修し ていない診 療科各4 週 地域研修 4 週 (一般外 来・在宅を 含む) 選択44 週 ・1 年次と2 年次始めで救急8 週+麻酔科4 週・外科8 週・産婦人科・小児科・精神科の必修科目を研修する。 研修は、原則として、大阪市立大学医学部附属病院およびその連携病院によって構成 される、専攻医指導施設群において行う。研修の順序、期間等については、個々の産科 婦人科専攻医の希望と研修進捗状況、各病院の状況、地域の医療体制を勘案して、大阪 i 専門知識 資料1「産婦人科専門研修カリキュラム」参照 警察病院産婦人科施設群専門研修では、知識を単に暗記するだけではなく、知識を駆使し て一人一人の患者の全身状態、社会的特性に配慮しそれぞれに最適な医療を提供する計画を 産婦 人科 地域 医療 精神 科 麻酔 科 自由選択 備考 ・精神科…成田赤十字病院、または、足利赤十字病院どちらか選択で研修を行う ・救急部門…救急科で8週、麻酔科で4週の研修を行う ・一般外来…一般外科、小児科、総合診療科、地域医療で研修を行う。 産婦人科専門医は、産婦人科領域における広い知識、高度な技能、崇高な倫理性を備えた産婦 人科医師である。常に医療人として最高の医療提供を可能とするために自己研鑽を怠らず、患者 を社会的背景も含めてサポートすることを使命とする。 では研修協力施設における地域医療研修を必修としています。そのほかの研修期間は、外科と小児科、産婦 人科、および協力型研修病院における精神科研修を必修としているほかは、全診療科から自由に研修科 … [インタビュー]臨床研修の到達目標・評 価はどう変わるのか(福井次矢) 1―2面 [寄稿]必修復活と今後の小児科・産婦 人科研修に求められるもの(鈴木康之,藤井 知行) 3面 [連載]身体所見×画像×エビデンスで迫 る呼吸器診療(終) 4面 産婦 人科領域における広い知識、錬磨された技能と高い倫理性を備えた医師を専門医として 認定しています。専門医は研修実績により5年毎に更新審査を受けます。 研修カリキュラムは学会ホームページからダウンロードできます。 臨床研修で身に付いた臨床知識、技術、態度について、「確実にできる、自信がある」「だいたいできる、たぶんできる」 と回答した者の割合を、各診療科1ヶ月以上回った場合と、回らなかった場合で比較 外科 産婦 人科 小児 精神 研修理念 医師としての自覚を持ち、人として成長する 基本方針 ① 科学的思考を心がけ学ぶ姿勢を身につける ② チームの一員としての社会性を身につける ③ 医学の知識・技術を直接学び身につける 内容 内 科 麻酔科 救 急 外 科 地域医療 小児科 さいたま赤十字病院産婦人科は、関連病院とともに地域医療を守りながら多数の産婦 人科医師を育んできました。「さいたま赤十字病院産婦人科研修プログラム」は、この歴 史を継承しつつ、2018年度からの新専門医制度に合わせた形で産婦人科専門医を育成 専門研修修了後の産婦人科専門医は、生殖・内分泌領域、婦人科腫瘍領域、周産期領域、女性のヘル スケア領域の4 領域に渡り、十分な知識・技能を持ち、標準的な医療の提供を行うことができることを 研修環境として、研修医ルームを完備し、スキルスラボを設置しました。スキルスラボではシミュレー ターを使用した研修会や、各診療科協力のもと勉強会を行い、技術及び知識の向上を目指します。 診療機能の強化 1階エントランス 研修医医局 か月、さらに2年目に周産期3か月、婦人科腫瘍3か月の研修を行う。産 婦人科診療と関連の深い麻酔科、nicu研修もそれぞれ2か月ずつ行う。専 門医研修コースに入るまでに、産婦人科医としての幅広い知識と技能を習 得することが出来る。 人科、小児科、眼科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、精神科、麻 酔科、皮膚科、救急科、放射線科、病理診断科(20科) ※院外研修については、2ヶ月を上限とする 人科腫瘍・生殖医学・女性ヘルスケアの高度な診療に携わることが可能となります。連携施設での研修では 積極的に地域医療に貢献できます。専門研修後には、大学院への進学やサブスペシャリティ領域の研修 … 研修医ローテート具体例 研修医A 月 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 1 年次 内科外科 救急 2 年次 選択 精神 科 産婦 人科 小児 科 令和3年度 神奈川県立足柄上病院臨床研修プログラム 神奈川県立病院群臨床研修プログラム 031114201 1年次(52週) 臨床に必要な基本的能力を身につけるための研修期間(一般外来研修含む) 内科24週 救急12週 外科 4週 小児 科 4週 産婦 人科4 4週 精神 科 初期臨床研修で行われているプログラムを例を交えながらご案内いたします。研修は、教育研修部や各科指導医のもとで、原則としてセミローテート方式で行われており、必修科目を踏まえて上で、本人の希望を重視した自由度の高いプログラム構成を行えるようになっています。 この年までは,試験科目は内科,外科,産婦 人科,小児科,公衆衛生の5科目が必修科目と され,非手術系科目(精神科,皮膚科,放射線 科)と手術系科目(耳鼻科,眼科,泌尿器科, 整形外科)の内から各々1科目が毎年選定され 続いて 東北大学病院 産婦 人科 の志賀尚美 先生 の演題 は 「産婦 人科医 を選んで,どう でしたか ?」 で,女性 の一 生のサポー トを行う産婦 人科 の魅力 について 解説 した 。 志賀 先生 自身はキャリア 形成の過程 で進路 を悩む機会 が 初期臨床研修スケジュール 1 年 次 24週 8週 16週 4週 内科、循環器内科 麻酔科 救急 (脳神経外科、整形外科) 外科 2 年 次 4週 8週 4週 4週 32週 地域 医療 小児科 精神 科 産婦 人科 選択科目 募集要項および待遇 定員 3名 開始時期 令和3年4月1日 【Ⅱ】 研修期間 必修の研修期間としては、原則として2年目に8週間の研修を行う。ただし、特に希望する場 合には、これを1年目の後半に行うことも可能である。 選択研修で救急科(tcc)を選択した研修医も、このプログラムに従って研修する。その場合 ... 研修プログラムに規定された4週以上のまとまった救急部門の研修を行った後に救急部門 の研修としてみなす休日・夜間の当直回数・・・月5回 救急部門(必修)における麻酔科の研修期間・・・4週※但し、4週を上限とする Ⅲ:一般研修目標 次に掲げる知識・技能および態度の項目の基礎を身につける。 1 ... 福井総合疥院では、主に口腔外科研修及び麻酔科研修 ... 診痼科 :歯科、歯科口腔外科、内科、脳神経外科、泌尿器科、リウマチ膠原疥科、産婦 人科 ... 日当直には内科、外科、産婦 人科、脳疾患の4ラインの専門医が同時に勤めるため、他科へのコンサルテーションも容易です。 学術活動の水準は特に高く維持されており、研修医が研究会や学会で報告する機会が非常に多いことも特徴です。さらに、地域医 指導医・上級医・後期研修医 計6人 4~5回 表で見る 初期研修プログラム例 数字で見る 初期研修 1 年次 月 小児科 (西部) 精神科 (名市大) 地域 医療 産婦 人科 整形 外科 救急科 救急科 外科 内科 麻酔科 外科 2 年次 選択科目 オ リ エ ン テ ー シ ョ ン 泌 ... 研修プログラムに規定された4週以上のまとまった救急部門の研修を行った後に救急部門 の研修としてみなす休日・夜間の当直回数・・・月平均5回 救急部門(必修)における麻酔科の研修期間・・・0週※但し、4週を上限とする 自由選択期間では、小児科に 関連した診療科を研修するこ とにより、幅広い知識を持っ た小児科医になれるよ。 小児科 (2月) 産婦 人科 (1月) 麻酔科 (1月) 放射線 診断科 (1月) 放射線 診断科 (1月) 小児科 (舟入) (1月) 小児科 (舟入) (1月) 産科 婦人科 ... として麻酔科8週を研修する。 7)2年次は基本必修科目の追加として小児科8週(一般外来0.8 週を含む)、産婦 人科4週、精神科4週、地域医療4週(一般外来1.6 週を含む)、当院必修科目と そのほかの研修期間は、外科と小児科、産婦 人科、および協力型研修病院における精神科研修を必修としているほかは、全診療科から自由に研修科を選 択することができ、研修医自身が将来の専門性を見据えた効率的な研修の組み合わせを自主的に行えます。 (3) 必修分野の研修 ①内科(研修期間:24逬以上) ・内科及びリハビリテーション科(神経内科)にて研修を行い、臓器別に細分化しない総合 的な内科研修を行う。 ②救急(研修期間:12逬以上) ・救急外来にて各科指導医・上級医の指導の下、研修を行う。 産婦 人科 wヶ月 x 小児科 wヶ月 x 精神科 wヶ月う x 一般 外来 wヶ月 x 選択科目6ヶ月 x 産婦人科: 1ヶ月小児科: 1ヶ月精神科:1ヶ月 一般外来:1ヶ月 2年次に内科系診療センターで初診患者の診療並びに慢 性疾患患者の継続診療を含む研修を行う