CMS比較(WordPress / Joomla! / MODX)

WordPress, Joomla!, MODXのCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)の違いを比較し、サイトの用途に応じたCMSの選び方をまとめます。

Word
Press
Joomla!MODX
Evolution
適性 ブログ(時系列に記事を並べるウェブサイト、タグで記事をジャンル分けするウェブサイト) ポータルサイト、会員制サイト(ログインの必要なサイト)、100ページ以上になることが想定されるサイト 数十ページの小規模なウェブサイト。デザイン的自由度の高いサイト。HTMLホームページからのCMS化。
利用実績 海外、国内ともにトップシェアのCMS 海外ではWordPressと人気を二分するCMS 後発のため、海外、国内ともにシェアが低い
テンプレート WordPress用テンプレートは豊富。HTMLからのテンプレート化はスキルが必要。 海外ではJoomla!用テンプレートが豊富。HTMLからのテンプレート化はスキルが必要。 MODx用テンプレートは不要(ほとんどのHTMLテンプレートが利用可能)。HTMLからのテンプレート化が容易
デザイン性 ページごとのレイアウト変更、同一サイト内での複数テンプレート利用にはPHPの編集が必要。 ページごとのレイアウト変更が容易。Ver.2.5以降、同一サイト内での複数テンプレート利用が可能。 ページごとのレイアウト変更が容易同一サイト内での複数テンプレート利用が容易
会員
管理
(排他制御)
管理画面の排他制御が可能。ユーザーの排他制御機能はない。 管理画面、ユーザー画面ともに細かい排他制御が設定できる。サードパーティ製エクステンションの使用で、ログインユーザー専用のメルマガ機能やSNS機能を実装可能。 管理画面、ユーザー画面ともに細かい排他制御が設定できる。サードパーティ製スニペットが少ないため、ログインユーザー機能の高度化には専門知識が必要。
カスタマイズ性 標準機能だけではできることが少ない。サードパーティ製の拡張機能が豊富。(ただし、カスタマイズにはPHPの編集が必要なケースが多い。) 標準で会員管理(ログイン制御)機能や問い合わせフォーム生成機能がある。サードパーティ製エクステンションが豊富。(英語が読めればPHPの知識がなくても高度な機能を実装できる*1 バックアップ機能、問い合わせフォーム生成機能、RSS生成機能、メニュー自動生成機能が標準で揃っている反面、サードパーティの拡張機能は少ない。入力欄を自由に追加できる(複数の入力欄を持てる)
内部リンクの強さ 固定ページについては、URLを変えるとリンクが切れる。投稿ページは、リンクをIDで指定すれば、URLを変えてもリンクが切れない。 エディタでリンク先を参照することで、リンク先をIDで指定できるため、URL(ディレクトリ構造)を変更してもリンクが切れにくい リンク先をIDで指定するため、URL(ディレクトリ構造)を変更してもリンクが切れにくい
引越し

(サーバ
移行・
移設・
移転)
他のCMSよりも煩雑。データベース(MySQL)とFTPのデータ転送、パーミッションの設定変更、wp-config.phpの設定変更に加えて、修正すべき箇所が多い。さらに、使用するプラグインごとに確認が必要で、プラグイン数によって修正すべき箇所が増える。 標準機能だけならば、データベース(MySQL)とFTPのデータ転送、パーミッションの設定変更、configuration.phpの設定変更ぐらい。使用するコンポーネントごとに確認が必要で、コンポーネント数によって修正すべき箇所が増える。 他のCMSに比べて容易。データベース(MySQL)とFTPのデータ転送、パーミッションの設定変更、config.inc.phpの設定変更ぐらい。
必要なスキル HTML, CSS, PHP (カスタマイズにはPHPの知識が必須) HTML, CSS(PHPの知識があれば早く使いこなせるが、なくても困らない。) HTML, CSS (PHPがわからなくてもカスタマイズ可能。)

*1MODXのスニペットに相当するコンポーネントやモジュールの種類がJoomla!は圧倒的に豊富で、かつ高機能なものが多いです。例えば、ログイン制御(会員管理)、SNS機能、メルマガ配信機能、スマートフォン対応表示など、将来的に機能を拡張する予定があればMODXよりもJoomla!のほうが適しています。ただし、Joomla!はその機能性の高さから習得に時間がかかります。また、デザイン的な制約を受けるため、既存のHTMLサイトをCMSに移行するには不向きです。

*2MODXでは内部リンクを「リソースID」で指定します。MODxの管理画面では、各ページのタイトルの右側に括弧書きの数字が表示されます。これが、「リソースID」です。MODxでは内部リンクをリソースIDで指定するため、ページのURLを変えてもリンクが切れません。MODxのリンク切れしにくい構造はSEO対策にもなります

関連記事

MODXとは

新着情報