MODXをアップデートするには

MODx Evolutionは、過去のバージョンにおいて脆弱性の問題が見つかっています。脆弱性(セキュリティホール)の問題は、あらゆるCMSに付き物です。CMSサイトを運営する場合は、サイトのセキュリティを高めるために、必要に応じてアップデートするように心がけましょう。

手順

MODxサイトの管理画面にアクセスして、「バックアップ」をクリック。

MODxのアップデート

バックアップマネージャー画面で、「テーブル名」をクリックして全テーブルを選択して、「ここをクリック」をクリックして、データベースをローカルのコンピュータにダウンロードします。

MODxのアップデート

データベース以外のデータがローカルのコンピュータに揃っていない場合は、FTPでサーバ上のデータ一式をダウンロードしておきましょう。

MODx Evolutionの最新版をダウンロードして、ZIPアーカイブを展開してから、MODxのインストール手順と同様にFTPでMODxサイトにアップロードします。

 

http://MODxサイトのURL/install/ にアクセスしサイトの「Japanese」を選択して、「進む」。

MODxのアップデート

通常アップデート」を選択して、「進む」。

MODxのアップデート

インストールオプションの選択」画面で、アップデートしたくない項目のチェックを外して、「進む」。特にチャンクは同一名称のものがあると上書きされて不具合を引き起こす可能性があるため、ご注意ください。

MODxのアップデート

必要に応じてパーミッションを変更します。config.inc.php に「確認してください」が表示されたら、FTPでパーミッションを606に変更してから、「再チェック」。

MODxのアップデート

全ての項目が「問題なし」になったら、「このライセンスに規定される諸事項に同意します」をチェックして、「インストール」。

MODxのアップデート

インストール完了」をクリックしたら、すぐにFTPで「install」フォルダを削除。

MODxのアップデート

MODxサイトの管理画面にアクセスして、「グローバル設定」を確認して、「保存」。

MODxのアップデート

設定」タブをクリックして、警告メッセージに従って、FTPで config.inc.php のパーミッションを404に。

MODxのアップデート

管理画面に戻って「ダッシュボード」をクリック。「設定」の警告がなくなっていることを確認して、「ログアウト」。

関連記事

MODXとは

新着情報

Published on
CORESERVER.JPCORESERVER.JP