logo
 

リソース(ページ)の作成

管理画面にログインし、リソースの作成「リソースの作成」ボタンをクリックして、「リソースの作成/編集」画面を表示します。なお、新しいページを作るときに、親リソースが同じものや既存のページに内容や構成が似ているものから複製して編集するという手もあります。

リソース設定

項目内容
タイトル title変数の参照データ。通常、<title>タグに使用します。【必須】
長いタイトル longtitle変数の参照データ。通常ページ本文の冒頭の見出しに使用します。【必須】
説明 descriptions変数の参照データ。METAタグのdescriptionに入る文言。METAタグのdescriptionの内容が自動的に本文にも入るように設定することで、本文とMETAタグの整合性を図ることができます。【必須】
エイリアス フレンドリーURL使用時のURL末尾のファイル名。【フレンドリーURL使用時 必須】
リンク属性 「新しいウィンドウで開く」場合などの設定。通常は空白のまま。
要約(序説) introtext変数の参照データ。通常、Dittoなどのスニペットで記事の一部を表示する際に使用します。【Dittoスニペット等で参照する場合は必須】
使用
テンプレート
そのドキュメントを表示するためのデザイン・テンプレート。【必須】
メニュー
タイトル
Breadcrumbs、Wayfinder等のスニペットでメニューとして表示する文言。トップページにするドキュメントは、ここに「Home」と入れておくと便利。通常は空白のまま。
メニュー
インデックス
管理画面左側のドキュメントツリーの並び順。Wayfinder等のスニペットでメニュー表示する際のデフォルトの並び順。ドキュメント作成の際、MODxがメニューインデックスを自動発行するが、勝手に数字が上がっていく傾向があるため、要注意。
メニューに表示 Ditto, Wayfinderなどのスニペットに表示させるかどうかの設定。スニペットに読み込ませたくない場合は、無効に。
親リソース そのリソースがあるディレクトリ(フォルダ)のようにみなすリソース」のこと。設定方法は、後述の「親リソースの設定」を参照。【フレンドリーURL使用時 必須】
内容 content変数の参照データ。ページの本文に使用します。「使用エディタ」を「TinyMCE」にすると、下図のようにツールバーが表示され、ブログの要領で記事を書くことができます。【必須】
内容
本文を作成・編集するには、内容の欄に直接入力するか、テキストエディタで書いてコピペします。一般的なブログサイトの使い方とほぼ同様です。(参考:表の挿入画像の挿入ハイパーリンクの挿入PDFファイルの掲載
書き終わったら、再度、「親ドキュメント」、「METAキーワード」を確認して、画面最上部の「保存」ボタンをクリックします。
書いた内容が公開されていることを確認するには、画面左側で作成・編集したドキュメントを右クリックして「プレビュー」をクリックします。
使用
エディター
ドキュメントを作成する際に使用するエディターのことです。通常は、TinyMCEのままでかまいませんが、HTMLやMODxのタグを書き込む場合には、「なし」に切り替えます。

親リソース(フォルダ)の設定

ドキュメントの編集画面で、下記の手順で設定します。

親リソースの「フォルダ」のアイコンをクリックします。

親ドキュメント
このとき、「フォルダ」が開いた状態になっていることを確認します。

左側の画面で「親ドキュメント」にしたいドキュメントをクリックします。

親ドキュメント
ドキュメント設定画面の「親ドキュメント」が変更されていることを確認して、「保存」ボタンをクリックします。「保存」ボタンのクリックしどころが悪いと反応しない場合があります。

キーワードの設定

テンプレート変数キーワードを内容に応じて変更します。(予めテンプレート変数を設定しておく必要があります。

キーワードの設定

リソースの保存

書き終ったら、「リソース設定」画面上部にある「保存」ボタンをクリックします。

関連記事

MODXとは

新着情報

 
RSS