logo
 

Facebookコメントプラグインの設置

Facebookのコメントプラグインのコード発行ページへアクセスし、以下のパラメータを入力して[Get Code]。

URL to comment on コメントを入れるURL。MODxサイトには一律 [(site_url)][~[*id*]~] 。MODxサイト上で各ページのURLが自動生成されます。
Number of posts デフォルトで表示する最新コメント数。
Width 幅。そのサイトに合わせてピクセル数を指定。

発行したコードをMODxのチャンクに貼り付けます。

デフォルトのコードは、英語表示になります。日本語表示にするには、タグの中の en_USja_JP に書き換えます。

チャンクを保存します。ここまで読んでよくわからなかった方は、下記のチャンク例をそのままコピー&ペーストしてチャンクを作成、保存してみてください。

チャンク例

チャンク名 FBcomments
チャンクの説明 Facebookコメントプラグイン
チャンクコード <div id="fb-root"></div><script src="http://connect.facebook.net/ja_JP/all.js#xfbml=1"></script><fb:comments href="[(site_url)][~[*id*]~]" num_posts="2" width="500"></fb:comments>

そのチャンク名(例:{{FBcomments}})をリソースまたはテンプレートで指定して保存します。

Facebookの「コメント」プラグインを管理できるようにする

先に開いたFacebookの「いいね!」ボタンのコード発行ページへ戻り、下にスクロールします。

Step2 - Get Open Graph Tagsのパラメータを入力します。下図のようにTitleSite NameにMODxタグを使うと、ページごとのカスタマイズが要らなくなります。

Facebook Open Tags

各パラメータを入力して[Get Code]。表示されたタグをコピーして、MODx管理画面にアクセスし、発行したコードをMODxのチャンクに貼り付けます。

Facebook Open Tags

  • 警告: http://###.###.###/###.htmlに到達できません。」というエラーが表示される場合は、URLを上図のように書き換えます。

MODx管理画面でテンプレートを開いて、このチャンク名(上図の例では、{{HeadTags}})をテンプレートのhead要素内に指定して保存します。

関連記事

MODXとは

新着情報

 
RSS